お役立ち情報/情報ものしり帖


ご存知でしたか? 4月11日は「メートル法公布記念日」です


4月がスタートしました。新しい服や机などを揃えて、新学期や新生活の準備をしている方も多いことでしょう。新たにモノを手に入れる時、気になるのは大きさやサイズですよね。ところで、4月11日が「メートル法公布記念日」ということをご存知でしたか?

今では、日本で標準的な単位の「メートル法」が導入されたのが約100年前のことなのです。今回は、「メートル法公布記念日」についてお伝えしていきます。

尺貫法からメートル法に(イラスト)◆長い時を経て「メートル法」が浸透していった経緯とは?

約100年前の1921年(大正10年)の4月11日、日本では従来の尺貫法を廃止し、国際的な単位の「メートル法」を基本とする度量衡法の改正が行われました。これを記念して、4月11日が「メートル法公布記念日」となったようです。

歴史を遡ると、文明開化の中で明治政府は1885年(明治18年)にメートル条約に加盟し、1891年(明治24年)には尺貫法と併用する形で「メートル法」を国内に導入。長さのメートルは「米」、重さのグラムは「瓦」、容積のリットルは「立」という漢字をあてはめて普及を進めていきました。しかし長年の間、慣れ親しんできた単位を容易には変えられず、思うようには浸透しなかったのです。 そこで第二次世界大戦後の1951年(昭和26年)、尺貫法を廃止する法律を制定。1959年(昭和34年)には「メートル法」が完全実施されることになりました。このため、大工などの建築業の方が使用していた曲尺(かねじゃく)、和服を扱う方たちが使用していた鯨尺(くじらじゃく)が禁止となりました。尺貫法復権運動が起こるなど反対の動きもありましたが、長い時を経て次第に「メートル法」が浸透し、現在に至ります。

メートルはフランス発祥(イラスト)◆国際社会での地位向上に大きな影響、さらに重要な国家戦略に

ちなみに、「メートル」という単位の発祥はフランスです。1789年にフランス革命が起こり、革命政府はさまざまな制度改革を行っていきます。その中の一つが各国で異なっていた長さの単位を10進法の「メートル」に統一する政策です。革命政府は1790年には国民会議で「メートル」を定めるための測定方法を検討しました。

いくつかの案の中から、地球の北極と南極を通る子午線の1周の長さの4000万分の1にすることに決定。2人の学者にフランス北端のダンケルクから スペインのバルセロナまでの南北の距離を実測させました。この実測のデータをもとに、1795年に子午線の1周分の4分の1に相当する北極から赤道までの距離を計算し、その1000万分の1を1メートルとしました。世界各国で交流や貿易が盛んになる時代には、長さの単位を統一した方が、何かと便利で効率的だったことでしょう。同時にそれは、フランスが世界の中で主導権を握るための手段でもありました。しかしながら、各国では自国で慣れ親しんだ単位を変えるには、相当な改革と労力を必要だったのです。また欧米諸国がフランスに主導権を握られることを危惧し、なかなか国際的に採用されませんでした。

80年が経過 した1875年、17ヶ国が参加した第一回国際会議で「メートル条約」が成立し、ようやく広く普及するようになりました。フランスが「メートル法」をつくり上げたことは国際社会での地位向上に大きな影響を及ぼしています。そして、あらゆる分野において標準の単位を確保することは、重要な国家戦略になっていたはずです。

「メートル」をはじめ、私たちが普段何気なく使っている単位には、歴史的な背景があり、色々な思いが秘められています。新しい毎日がスタートする中で、さまざまな単位を気にかけてみると、世の中の見方や尺度が変わりきっと楽しみも広がることでしょう。


共栄火災海上保険株式会社

Copyright© 2003 - 2022 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2022年4月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。