お役立ち情報/情報ものしり帖


まもなく大型連休!GWと5月病の関係性について


4月も後半となり、新しい職場や学校生活に慣れてきたことでしょう。後半はゴールデンウィーク(以下:GW)もスタートし、お休みが待ち遠しいはずです。しかしGWが終わり、普段の生活が始まると「5月病」が影を潜めていることもお忘れなく。今回のテーマは、「GWと5月病の関係性」についてです。

5月病(イラスト)◆新しい職場や学校の環境に馴染めないなど、原因はさまざま

「5月病」は、日本独自の病気のようです。GWが終わり、職場や学校に復帰する時期になると ●やる気がしない ●身体が疲れやすい ●マイナス思考になる ●物事に集中できない ●腹痛や頭痛に悩まされる、などの症状が起こることを総称して「5月病」と呼んでいます。ただし「5月病」は俗称であり、病院などでは「適応障害」や「軽度のうつ」といった診断名になるようです。その症状は、ほとんどが一過性のものであり適度に休みをとることで改善すると言われています。

「5月病」には、さまざまな原因があるようです。新しい職場や学校の環境に馴染めないこと、新たに出会う人との関係性をうまく築けないことなどが挙げられます。また、GWという大型連休で、それまでの規則正しい生活サイクルが崩れてしまい、仕事や学校が始まっても適応できないことも原因の一つでしょう。企業などの年度始まりや学校のスタートが4月であるからこそ、日本には「5月病」という病が存在するはずです。加えてGWがあるために「5月病」になってしまう方も多いのではないでしょうか。

規則正しい生活を(イラスト)◆GWだからこそ、規則正しい生活サイクルを心掛けましょう!

逆説的にいえば、GWをどのように過ごすかで、「5月病」を上手に回避できるはずです。前述したように、「規則正しい生活サイクルが崩れる」ことがないよう、大型連休とはいえ、早寝・早起きを心掛けることや、三食の食事をしっかりとることが大事です。できれば栄養バランスにも気をつけたいもの。お酒も適度な量であればリラックス効果がありますが、飲み過ぎには注意したいものです。

しっかり睡眠をとることも不可欠ですが、寝だめをせず、一定の睡眠時間を毎日とることをオススメします。日中は外に出て日光を浴びることや、ウォーキングなどで適度に身体を動かすことも良いでしょう。またコロナ禍ではありますが、オンラインでも構いませんので、離れて暮らす家族や友人と近況を話し合ってみると良いかもしれません。親しい人との交流は自分自身を見つめ直すことや気分転換につながります。

4月から新しい職場や学校でスタートした方たちは、「GW」を今後の生活のための大切な準備期間と捉えてみてはいかがでしょうか。「5月病」にしっかり備えることで、これからの新緑の季節を心地よく過ごしていきましょう!


共栄火災海上保険株式会社

Copyright© 2003 - 2022 Kyoei Fire&Marine Insurance Co.,Ltd. All rights reserved
※掲載されている情報は2022年4月時点での情報であり、最新の情報と異なる場合があります。