ホーム 個人向け商品 >  住まいと家財の保険 >  安心あっとホーム(個人用火災総合保険)

安心あっとホーム(個人用火災総合保険)

安心あっとホーム

安心あっとホームは、お客さまの「お住まい」と「家財」を火災や自然災害からしっかり守ります。

『安心あっとホーム』4つの安心

安心その1

"幅広い補償"で"安心"!

「安心あっとホーム」では、火災をはじめ、 近年多発している「台風、竜巻、ひょう災、雪災」、「洪水、土砂崩れ、落石等の水災」から「日常生活の思いもよらない事故」まで、大切な“お住まい”の「建物」や「家財」を幅広くお守りします。
さらに、地震保険で地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害も補償します。

安心その2

損害の額を全額補償してくれるから"安心"!

「安心あっとホーム」では、 ご契約時に建物の新価での評価を適切に行い、その評価額の範囲内で保険金額を設定し、 ご契約いただいた場合、保険金額を限度に損害の額を全額補償します。

安心あっとホーム説明図

従来の火災保険とは、共栄火災の住宅総合保険等をいいます。

安心その3

保険金の支払方法がわかりやすくて"安心"!

「安心あっとホーム」では、保険金額を限度に損害の額から自己負担額を差し引いた額を全額お支払いすることで、従来の火災保険※にあったお支払のわかりにくさを解消しました。

損害の額ー自己負担額=損害補償金

自己負担額は「なし(0円)」、「1万円」、「3万円」、「5万円」、「10万円」から選べます。
なお、全焼等により建物を復旧できない場合などは自己負担額を差し引きません。

ワンポイント
アドバイス

従来の火災保険※では、損害の程度によっては損害が補償されないなど、わかりにくいお支払となるケースがありました。

保険金の支払い方法の例

従来の火災保険とは、共栄火災の住宅総合保険等をいいます。

安心その4

住まいの急なトラブルにも
便利なサービスがあるから
"安心"!

「安心あっとホーム」では、カギ開けや排水管のつまり等、“住まいのトラブル”に、専門スタッフを手配する

助っ人くん

をご提供します。

(注)「住まいの助っ人くん」のご提供には、一定の契約条件を満たす必要があります。

「安心あっとホーム」はお客さまのご要望に応じて、補償プランをお選びいただけます

安心あっとホームの"選べるプラン"

戸建プラン

損害保険金の補償内容

戸建てプランの説明

マンションプラン

損害保険金の補償内容

マンションプランの説明

安心あっとホーム 選べる自己負担額

「安心あっとホーム」では、保険金額を限度に損害の額から自己負担額を差し引いた額を全額お支払いすることで、従来の火災保険にあったお支払のわかりにくさを解消しました。

自己負担額とは

損害の額ー自己負担額=損害補償金

上記の補償に対する損害は、上記の算式によって損害保険金をお支払いします。ただし、保険金額が限度となります。

全焼等により建物を復旧できない場合等は自己負担額を差し引きません。

自己負担額

ご契約時に下記より
お選びいただきます。

なし(0円)、1万円、3万円、5万円、10万円

安心あっとホーム 自動セットされる費用保険金

自動セット特約・費用保険金

仮修理費用保険金・損害範囲確定費用保険金
(仮修理費用・損害範囲確定費用特約)

損害保険金が支払われる場合に、損害を受けた保険の対象の復旧にあたり発生した仮修理費用または損害範囲確定費用について保険金をお支払いします。

(例)台風で破損した屋根をブルーシートで応急処置した場合の費用など

地震火災費用保険金

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で建物が半焼以上となった場合または保険の対象の家財が全焼した場合は、保険金額の5%をお支払いします。

残存物取片づけ費用保険金

損害保険金が支払われる場合に、損害を受けた保険の対象の残存物の取片づけに必要な費用で、実際にかかった費用をお支払いします。

水道管凍結損壊修理費用保険金

建物の専用水道管が凍結によって損壊を受け、これを修理する場合の費用をお支払いします(ただし、パッキングのみに生じた損壊は含みません。)。保険の対象に建物が含まれる場合のみ補償します。

〈その他の補償内容〉損害防止費用

火災、落雷、破裂・爆発による損害の発生または拡大の防止のために、必要または有益な費用を支出した場合に、その損害防止費用の実費をお支払いします。

任意にお選びいただく費用保険金

臨時費用保険金

損害保険金にプラスしてお支払いします。

[支払割合・限度額が選べます。]

損害保険金×30% 限度額300万円

損害保険金×30% 限度額100万円

損害保険金×20% 限度額100万円

損害保険金×10% 限度額100万円

臨時費用保険金 なし

(注)保険金額によって選択いただけないパターンもあります。

"安心あっとホーム"保険金のお支払い事例

共栄火災がこれまでお客さまにお支払いした「補償の種類別」の『事故事例』です。

火災

支払保険金
33,440,000円
建物 家財
タコ足配線のコンセントから漏電によって出火し、1階2階ともに全焼。収容家財も焼失した。
支払保険金
14,013,500円
建物 家財
隣家から出火し、類焼により2階部分がほぼ全焼。1階も消火作業により水濡れ損害が生じた。

火災の発生は自宅からの出火だけではありません。類焼による損害も大きなリスクです。

落雷

支払保険金
216,720円
建物 家財
落雷に伴う過電流により、浄化槽の水中ポンプが損傷、動作不能となったため、交換工事が必要となった。
支払保険金
492,030円
建物 家財
落雷により、配電盤・給湯器ユニット・空調機ユニットが動作不能となったため、交換工事が必要となった。

落雷で被害を受けるのは家電製品だけではありません。配電盤や給水設備等の普段目にしない建物の設備に損害が発生することもあります。

破裂・爆発

支払保険金
14,870,000円
建物 家財
タバコの火が、充満していたガスに引火し爆発が発生した。

破裂・爆発等により、高額な損害が発生することもあります。

風災・ひょう災・雪災

支払保険金
1,090,000円
建物 家財
台風により住宅のフェンスが倒壊した。
支払保険金
1,124,924円
建物 家財
竜巻の影響で、建物の屋根・外壁のほか外灯や配管などの屋外設備に損害が発生した。

他にも強風や突風による窓ガラスやシャッターの損害や、ひょうによる屋根瓦の損害などのリスクがあります。

水災

支払保険金
14,020,000円
建物 家財
台風による大雨により浸水が発生し、建物の棟の高さまで完全に水没した。

台風だけでなく、近年では局地的な豪雨などの異常気象により、水災リスクの関心が高まっています。

建物外部からの物体の落下、
飛来、衝突

支払保険金
290,588円
建物 家財
駐車場のブロック塀・フェンスに当て逃げされ、ブロック塀の基礎部分に亀裂が生じ、フェンスも歪んでしまい、支柱の交換などの工事が必要となった。
支払保険金
470,354円
建物 家財
近隣より飛んできたボールによって敷地内にある外灯が破損した。

交通量の多い場所や狭い路地に面している場合、自動車の衝突リスクが高まります。

水濡れ

支払保険金
578,865円
建物 家財
洗濯機を使用中に排水パイプの接合部分が壊れたため、洗濯機の排水パイプから汚水が漏れる水濡れ損害が発生し、床の張替えが必要となった。

住宅の中で漏水が発生する可能性のある場所は、キッチンやお風呂、トイレ、洗面台等多数存在します。ひとたび発生すると床だけでなく階下にも被害が広がってしまうこともあります。

騒じょう・労働争議等に伴う
暴力行為・破壊行為

支払保険金
2,500,000円
建物 家財
自宅前でデモ行進中の集団による破壊行為が発生し、自宅の塀や壁が破壊されてしまった。

人が集まったときに生まれるパワーはとても大きなものです。万が一、ご自宅近くで集団による破壊行為が発生したら、お住まいが破壊されてしまうことは容易に想像できます。

盗難

支払保険金
1,880,764円
建物 家財
窓ガラス・サッシを壊され、空き巣の被害に遭い、ノートパソコン・デジタルカメラなどの家電製品や腕時計・貴金属・現金等を盗まれた。
支払保険金
928,683円
建物 家財
複数台の空調室外機を何者かに盗難された。

家財にとっての最大のリスクは盗難です。建物だけでなく、家財の補償も必要です。

その他不測かつ突発的な事故

支払保険金
170,000円(自己負担額1万円)
建物
手が滑り花瓶を落としてしまい、床が陥没した。
支払保険金
110,000円(自己負担額1万円)
家財
引越し準備のため、テレビ台を動かした際、テレビが倒れ破損してしまった。

日常生活では様々な不測かつ突発的な事故が起こります。安心して生活するには幅広い補償が必要です。

安心あっとホームには、さまざまな特約をお選びいただくことができます。

主な特約

日常生活上の賠償責任が心配な方へ

@個人賠償責任特約(国内のみ示談交渉サービス付)

日本国内外において発生した次のいずれかの事故により他人にケガをさせたこともしくは他人の物を壊したこと、または日本国内において発生した次のいずれかの事故により誤って電車等を運行不能にしたことについて、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担し、損害を被る場合に保険金をお支払いします。

  • 被保険者の居住の用に供される住宅または保険証券記載の建物の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
  • 被保険者の日常生活に起因する偶然な事故

    〈共栄火災による示談交渉サービスについて〉

  • この補償の対象となる国内での事故にかかわる損害賠償の請求(訴訟が国外の裁判所に提起された場合を除きます。)にかぎり、共栄火災による示談交渉サービスをご利用いただけます。
  • この示談交渉サービスのご利用にあたっては、被保険者(この補償を受けられる方)および被害者の方の同意が必要となります。
  • 賠償責任額が明らかに個人賠償責任特約の保険金額を超える場合は、この示談交渉サービスをご利用いただけません。
  • (注)保険金額は下記からお選びいただけます。
    @1,000万円 A3,000万円 B5,000万円 C1億円 D2億円

持ち出した家財の損害などが心配な方へ

A携行品損害特約(自己負担額1万円)

外出中(国内・海外を問いません。)に偶然な事故によって被保険者が携行している身の回り品に損害が生じた場合に保険金をお支払いします。

  • (注1)保険の対象に家財が含まれる場合にかぎります。
  • (注2)補償の対象外となる身の回り品がありますので、詳細につきましては取扱代理店または共栄火災にお問い合わせください。
  • (注3)保険金額は50万円、100万円のいずれかからお選びいただけます。

ご近所付き合いを円滑にするために

B類焼損害特約

火災、破裂または爆発によって、近隣の住宅に損害を与えた場合に保険金をお支払いします。※ただし、類焼した住宅建物や家財が他の保険等に加入していた場合、他の保険等が優先払となります。

  • この特約によってお支払いする保険金の受取人は、類焼損害を被ったお隣の家屋などの所有者となります。通常、お隣の方はこの保険契約の内容をご存知ないため、事故が発生した際、ご契約者から、この保険内容をお伝えいただくとともに、取扱代理店または共栄火災へ類焼損害の発生をご通知いただくなどの手続が必要となります。
  • (注)保険期間を通じて、1億円を限度とします。ただし長期契約の場合は各契約年度ごとに1億円を限度とします。

大切な庭木への補償に

C庭木修復費用特約

保険証券記載の建物と同一敷地内にある庭木※が火災などにより建物とともに損害を受けた結果、枯死した場合、庭木※を修復するために必要な費用をお支払いします。

  • 庭木には、垣、鉢植および草花を含みません。
  • (注)1回の事故につき、10万円を限度とします。

まさかの時の防犯対策に

Dドアロック交換費用特約

日本国内で建物のドアのカギが盗まれ、ドアの錠の交換費用を被保険者が支出した場合に、その交換費用をお支払いします。

  • (注)1回の事故につき3万円を限度とします。

オール電化住宅などにおすすめ

E建物電気的・機械的事故特約

不測かつ突発的な外来の事故に直接起因しない電気的事故または機械的事故によって生じた建物付属設備の損害に対して、保険金をお支払いします。

  • (注1)新築建物(建築後11か月以内の建物)である場合にのみ付帯することができます。
  • (注2)「不測かつ突発的な事故」を補償する契約プラン(1型、5型)をお選びいただいた場合に付帯可能です。
  • (注3)ご契約時に自己負担額なし(0円)をお選びいただいた場合でも、この特約の自己負担額は1万円となります。
  • (注4)保険金額は、基本契約の対象である建物の保険金額と同額になります。

業務上の賠償責任が心配な方へ

F施設賠償責任特約

日本国内において発生した次のいずれかの事故により他人にケガをさせたことまたは他人の物を壊したことについて、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担し、損害を被る場合に保険金をお支払いします。

  • 被保険者が所有、使用または管理する保険証券記載の施設に起因する偶然な事故(施設における昇降機の所有、使用または管理に起因する偶然な事故を含みます。)
  • 被保険者の保険証券記載の業務に起因する偶然な事故
  • (注1)対象業種は、小売店、料理飲食店、事務所、マンション賃貸・管理業にかぎります。
  • (注2)この補償には、共栄火災による示談交渉サービスはありません。
  • (注3)保険金額は下記からお選びいただけます。
    @1,000万円 A3,000万円 B5,000万円 C1億円

大家さんへ

G家賃収入特約

他人に貸している住宅がお選びいただいた契約プランの補償対象となる事故により損害を受けた結果、被った家賃収入の損失を補償します。

  • (注1)保険の対象に建物が含まれる場合にかぎります。
  • (注2)家賃月額に約定復旧期間を乗じた金額を限度とします。

事務所・店舗等を併設されている方へ

H営業用什器(じゅうき)・備品等損害特約(自己負担額1万円)

保険証券記載の建物内またはその建物と同一敷地内にある、被保険者が所有する業務用の什器・備品等の動産について、偶然な事故により損害が生じた場合に保険金をお支払いします。

  • (注1)保険証券記載の建物の用途が併用住宅の場合にかぎります。併用住宅とは、住居と住居以外の用途(事業)に併用される建物をいいます。
  • (注2)補償の対象外となる什器・備品等がありますので、詳細につきましては取扱代理店または共栄火災にお問い合わせください。
  • (注3)保険金額は下記からお選びいただけます。
    @100万円 A300万円 B500万円 C800万円 D1,000万円

水災への備えを万全に

I 特定設備水災補償特約(浸水条件なし)

水災によって、空調設備、冷暖房設備、充電・発電・蓄電設備または給湯設備等※に生じた損害について、その損害の程度や浸水状況が水災の損害保険金のお支払条件に該当しない場合に保険金をお支払いします。

  • 保険証券記載の建物付属のものまたは保険証券記載の建物と同一敷地内にあるもの(事業専用のものを除きます。)が補償の対象です。
  • (注)1回の事故につき、100万円を限度とします。

ご契約いただく条件などによっては、前記の特約をセットしていただけない場合もございます。なお、「個人賠償責任特約」、「携行品損害特約」、「類焼損害特約」などにつきましては、「同様の補償を行う他の保険契約(共済契約を含みます。)、特約」がある場合、補償が重複することがあります。ご契約に際しては、補償内容の差異や保険金額、その補償の要否をご確認ください。各特約をセットしていただく条件や、補償内容の詳細につきましては、取扱代理店または共栄火災にお問い合わせください。

住まいの急なトラブルにも便利なサービスがあるから"安心"!

「安心あっとホーム」では、カギ開けや排水管のつまり等、"住まいのトラブル"に、専門スタッフを手配する

住まいの助っ人くん

をご提供します。

24時間・365日、カギ開けや水まわりに関する住まいのトラブル発生時に、専用ダイヤルにお電話いただくことで、提携会社のスタッフを現地に手配し、住宅のカギの開錠作業および水まわりのトラブル時に以下の一時的な応急処置(30分程度)を無料で実施します。

いざという時、頼りになる助っ人くん

カギ開け・排水管のつまり等、、"住まいのトラブル"に、専門のスタッフを手配します。

サービス内容(概要)

鍵のトラブル

サービスの対象となる建物(専有部分)の玄関・勝手口のカギの紛失時など、一般的な住宅のカギ(カードキーなど特殊なカギを除きます。)の開錠・破錠作業を無料で行います。

  • 一般住宅カギの開錠(特殊工具による開錠)
  • 施錠された状態で中折れしたカギや異物の除去
  • その他(カギが回らないなど)の対応など
水回りのトラブル

サービスの対象となる建物内(専有部分)の水まわりトラブル時に、作業時間30分程度で特殊作業を必要としない応急修理を無料で行います。

  • 蛇口からの水漏れ応急修理、パッキン交換
  • トイレ、排水口の詰まり除去など

(注)部品交換が必要な場合や30分程度の応急修理を超える特殊作業を必要とする場合は、お客さまの実費負担となります。

  • サービスの提供条件

    「安心あっとホーム」のご契約者または被保険者(ご契約者または被保険者と同居の親族を含みます。)が、事前に専用ダイヤル(通話料無料)にお電話いただきオペレーターが手配したものにかぎり、サービスを提供します。なお、専用ダイヤルにお電話いただいた際には、オペレーターが「安心あっとホーム」の保険証券番号または保険契約者名、ならびに保険の対象の住所を確認させていただきます。

  • サービスの対象となる建物

    「安心あっとホーム」の被保険者の居住部分(居住の有無を問わず、マンション等の共有部分、公的部分※は含みません。)にかぎります。

    公的部分とは、市町村等が所有する水道管・下水管等をいいます。

  • サービスの利用可能期間など

    無料サービスのご利用は、各契約年度1年間につき1回にかぎります。

  • その他

    一部(離島等)地域によっては、本サービスをご提供できない場合があります。

    地域によっては、サービスの手配に時間を要する場合があります。

    今後、サービス内容が予告なく変更される場合や利用を制限させていただく場合があります。

商品について詳しくはこちら

デジタルパンフレットをみる PDF版パンフレットをみる(2,702 KB)

B20-1965-20211223

ページトップ