大野 智哉さん | 共栄火災 新卒採用サイト

profile

大学では法律を専攻。飲食店での調理や接客のアルバイトを通し、幅広い年代の方と接してきました。大学時代から始めたマラソンは、社会人となって練習量は減ったものの今でも続けています。

潜在的なリスクに応じた新しい保険の提案など、
自由度の高さに魅力を感じました。

就職活動をしていた当時は、やりたい仕事を明確に決めずに、まずは色々な業種の説明を聞いてみようというスタンスでした。鉄鋼・繊維・不動産などの説明会に参加し、どの業界にもそれぞれに興味があった中で、当社の説明会に参加しました。
損害保険会社というと事故対応のイメージが強かったのですが、社員の方の話を通し、営業部門では様々な業種の会社に対して潜在的なリスクに応じた保険提案を行うなど、自由度の高い部分があることに魅力を感じました。
自分自身を客観的に見る機会は中々ないと思いますが、私にとって就職活動はその良い機会でした。就職する会社を選ぶ際には様々な尺度がありますが、自分の価値観で何を一番重視するかが大切だと思います。最終的には、説明会や面接を通じて、こちらの質問に丁寧な対応をして下さる社員の方を見て、この会社で働こうと入社を決めました。

新規契約の喜びが営業の醍醐味。
改めて保険の社会的な役割の大きさを実感しています。

現在の担当業務は、JAグループの販売・購買事業の全国段階組織であるJA全農への法人営業です。JA全農は、米穀農産・園芸・営農・生産資材・畜産・生活関連事業等を取り扱う日本でも屈指の商社です。
損保といえば、自動車保険や火災保険が頭に浮かぶと思いますが、私が担当するのは、事業を展開・拡大する際のリスクをカバーするための、新しい商品の提案や保険の設計という”オーダーメイド型“の企画営業です。近年ではスマート農業、販売形態の変化、海外事業積極展開など事業環境の変化に伴い、今までに無い新たなリスクも増えており、新しい商品の提案がより重要になってきています。
大きい案件になればなるほど、当事者も増え、クリアしていかなければならない課題も多くなり、商品開発部など複数の部署と連携し、契約までに複数年かかるケースも多々あります。その中で、契約を獲得できた際の喜びとやりがいは格別です。
顧客の新規事業に伴い新たな保険設計を提案し契約となった際には、「新規事業で不安な部分もあったが、保険でリスクヘッジもでき、安心して事業を拡大していける」と感謝の言葉を頂きました。営業の仕事を通し、改めて保険の社会的な役割の大きさを実感しています。

profile

大学では法律を専攻。飲食店での調理や接客のアルバイトを通し、幅広い年代の方と接してきました。大学時代から始めたマラソンは、社会人となって練習量は減ったものの今でも続けています。

キャリアステップ

2009
名古屋支店 名古屋第二支社
2013
九州支店 熊本支社
2017
農林水産部 営業第二課

キャリアステップ

2009
名古屋支店 名古屋第二支社
2013
九州支店 熊本支社
2017
農林水産部 営業第二課

他の先輩を知る